ネットで稼ぎたい!おすすめ副業TPOの口コミまとめ

おすすめ副業TPOの始め方から仕事内容、返金解約方法まで | 株式会社SKS

企業のPR活動としてのYouTube

time 2022/01/01

企業のPR活動、または商品訴求にYouTubeを活用する事例がどんどん広がっています。この背景にはなんといってもYouTubeがパソコンだけではなくタブレット端末やスマートフォンといったマルチ端末対応をしていることが大きいでしょう。

コンテンツを提供する企業側もこのポイントに着目をしています。
実際にYouTubeを利用する一般コンシューマは、短時間で有効な情報を動画で得ることにメリットを感じています。

むしろ、静止画や文章で企業活動や商品を訴求されるよりも短時間のYouTubeのような動画で情報を得る方が分かりやすいと感じる方々がほとんどです。
それだけにYouTubeを活用するにあたっては短時間でいかにわかりやすく動画をまとめるかと言う制作サイドの難しさが出てきます。

一般的なプレゼンテーションのように商品を動画でPRする際にはどのような商品なのか、どのような特徴があるのか、その商品を利用することによってどのようなメリットを得ることができるのか、どのような形に対して響く商品なのかを明確にする必要があるからです。

しかしながら過去のように商品PR映像や企業PR映像を作るにあたって大規模なシステムや撮影部隊を確保する必要もないのでコストとしては非常に安くつきます。
また、制作にかかる時間、リードタイムに関しても非常に短く済みます。

最近では企業のホームページにYouTubeが埋め込んであり、商品、サービス、企業の社会貢献活動等とチャンネルを分けて短い動画で紹介するパターンが増えてきています。
実際に炎上を防ぐためにコメントを禁止したり、工夫をしていることは間違いありません。

また、インナーコミニケーションの手段としてもYouTubeをうまく使う場合があります。セキュリティー上の問題もIDとパスワードを設ければ特に気にすることもありません。トップの発信や新たなの人事施策の発信、社内研修の動画配信なども実施されつつあります。

とにかく、画質を落として数多くアップロードすることによって社内のイントラネットの負荷を下げることもできます。結果として、アーカイブ化を行うことで企業として様々なノウハウを蓄積していくことがインナー向けにもインターン向けにもできるという大きなメリットを現在は追求する企業も増えてきています。

この流れは今後も続くことが想定され、短時間で動画を制作するプロフェッショナルのニーズが高まる事は間違いありません。